伊藤公誕生の地・・・伊藤公記念公園

今回は山口県光市にある、
『伊藤公記念公園』に行って来ました。



伊藤博文が十月二十六日にハルピンの地に於いて、
凶弾に倒れてから今年で没後百年。
生誕の地であるここでは、色々な行事が予定されています。


ここへは以前にも訪れたことがあり、久々の訪問でした。

生家、旧伊藤博文邸(以前の伊藤公記念館)は修復され、
伊藤公資料館も新しく建てられ、
記念公園としてかなり整備されていました。


まず公園内に入って見えてくるのは旧伊藤博文邸。
以前は、こんな田舎に洒落た建物があるので吃驚しました。
この建物、博文公の設計によるもので、
自身は完成を見ることなく生涯を終えました。

昔は、この中にベッドなどが置かれ、
本当はいけないのだろうけど座ったりした思い出が・・・・・・

近所に住む方から聞いた話ですが、
戦前はここに、博文公が着た衣装が飾られていたそうです。
ですが戦争が始まったときに、全て持ち出されたのだとか、
光、徳山という地から空襲にあうと考えられてのことでしょう。

その後それらは返って来たのか?
以前着たときに、それを見たのかな?
私は見ていないよう気がする。


次に伊藤公資料館。
ここには伊藤公の色々な資料が展示されています。


そして、その奥に生家。
その裏には産湯の井戸もあります。

本当に使ったの?


裏山には伊藤公の座像があります。
昔は細い道を辿った記憶があったのに、
ここも綺麗に整備されていました。


ここは紅葉もお薦めです。(昔の記憶)
訪れた時には、随分色付いていました。




<Data>
・伊藤公資料館
入館料:大人 420円、高大学生 310円、小中生 210円

開館時間:9時~17時

休 み:月曜日、年末年始


・旧伊藤博文邸
入館料:無料

 ※開館時間、休みは伊藤公資料館と同じ


公園内散策自由
















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック