松江イングリッシュガーデン

今回は島根県松江市西浜佐陀町にある、
『松江イングリッシュガーデン』に行って来ました。



松江イングリッシュガーデンは、
英国人庭師キース・ゴットをヘッドガーデナーとして迎えた、
本格的な英国式庭園です。


駐車場に車を止め、陸橋を渡り、庭園への入口へ。
入口では、ハーブの良い香りが出迎えてくれます。


ヘッドガーデナーに英国人庭師を呼んだこともあり、
以前訪れた英国の庭によく似ています。

懐かしい。



園内で私達の興味を誘ったのは、
柳の枝で編んだ人形「ウイロウスカルプチャー」なるもの。
日本では唯一のものらしいのですが、なんだか不気味でした。

姿が見える度に、何故か笑いが・・・



さてイングリッシュガーデンと言えば、薔薇。
時期を思いっきり外して来た私達、
薔薇の木には花が数輪咲いているだけで、
なんとも寂しい結果になってしまいました。

しかし春にこの前を通った時は、
人だかりで交通渋滞になっていました。

う~ん、どちらも難しい。

でも次は花の咲いた時期に。




<Data>
・松江イングリッシュガーデン
入園料:無料

開園時間:4~9月  9時~17時半
        10月    9時~17時
        11~3月 9時~16時半 

駐車料金:2時間まで無料

休 み:12月29日~1月3日















この記事へのコメント

2009年12月08日 11:57
薔薇 咲いてなくて残念でしたね。
薔薇って綺麗なんですが、庭に植えるとなると、棘が。。。
棘があるのは、柊だけで充分、ということで、棘なしのツルバラを植えてます。花の季節には、黄色い花をつけてます。
怜悧
2009年12月08日 13:26
たきおんさん、こんにちは。
薔薇の棘は、ほんとうに困りものですよね。
我が家の庭にも大量に薔薇があるのですが、洋服の彼方此方に引っ掛けてしまい、大事な洋服が大変なことになってます。

この記事へのトラックバック