天然入浴剤・・・明礬温泉 湯の里

今回は大分県別府市明礬温泉にある、
『明礬温泉 湯の里』に行って来ました。


湯の里は別府市街を見下ろす高台にあり、
湯の花小屋では天然の入浴剤「湯の花」の製造が行われ、
その製造技術は重要無形民俗文化財に指定されています。


湯の花小屋の見学はさておき、
ここへやって来たのは「湯の花プリン」を頂く為。
湯の花プリンは、温泉の蒸気を利用した地獄蒸し料理です。

売店「湯庵」では湯の花プリンの他にも、
蒸したまごや蒸しとうもろこしが頂けます。

プリンは210円とお手頃、
美味しかったのでもう一つ頂きました。
ちなみに、蒸したまごは1個50円です。


食事の後は湯の花小屋の見学。
あまり近付くと貴金属が変色するとの事、遠目から覗くことに。

少し黄色味を帯びた雪のような物が、
小屋の中一面に広がっています。


お土産に湯の花を購入したのですが、
「風呂釜を傷める」と母に怒られ、
未だ天然入浴剤での入浴が出来ずにいます。





<Data>
・湯の里
営業時間:8時~18時

休 み:無し

駐車場:無料


・湯の花小屋
入場料:無料

営業時間:8時~18時

休 み:無し

駐車場:無料














この記事へのコメント

2010年01月13日 17:31
別府に行かれたんですね。
湯の花プリンおいしそうですね~。
いつか、行ったとき買ってみようっと

硫黄が強いと、風呂釜を痛めるみたいですね。
昔、上司が「身体にいいからといってもらった入浴剤を入れたら浴槽が入浴剤で染まってしまった~。」ってぼやいていたの思い出しました。
怜悧
2010年01月13日 17:58
たきおんさん、こんばんは。

是非、行かれたときは湯の花プリン食べてみて下さい。美味しいですよ。
湯の花は、ちょっと哀しいですが、夏に子供用のプールを出して挑戦してみたいと思います。それまでお預けです。

この記事へのトラックバック