ロマンティックトレイン・・・嵯峨野トロッコ列車

今回は京都府京都市にある、
『嵯峨野トロッコ列車』に乗って来ました。



嵯峨野トロッコ列車は、
嵯峨野から保津川渓谷に沿って亀岡まで25分掛けて走る、観光列車です。




画像





まずJRみどりの窓口で切符を購入します。
全席指定なので、
良い席は早めに手を付けなければなりません。
そこで問題になるのが座席です。

奇数席にするか偶数席にするか・・・


奇数席は、初め川を見ながら走ります。
が、保津川橋梁で景色は山へと移ります。

偶数席は、初め山を見ながら走ります。
が、保津川橋梁で景色は川へと移ります。

つまり嵯峨駅を出て6~7分後に景色は逆転してしまいます。

偶数席はその後、
8ヶ所あるトンネルを抜ける度に、保津峡の急流が見られるということです。

私は五人で出掛けたので、
四人が偶数席、一人奇数席を取ることに。


観光シーズンということもあって、車内は満席。
そして、鉄道会社側も人を乗せるだけ乗せたいという気持があるのか、
通路にまで人が溢れていました。
お陰で、反対側の車窓は人影で全く見えず、
景色など眺められませんでした。

奇数席に座った人は、残り20分弱、山を眺めて終わったことになります。
一人奇数席に座った知人は、
景色が逆転した時点でこちらに移ったので大丈夫でした。

金儲け主義も、どうなのかと・・・・・・



さて、嵯峨駅を出発したトロッコ列車は3分後に嵐山駅に到着します。
嵐山駅のホームは短いらしく、
駅に列車が止まると1・2号車はトンネルの中に入ってしまいます。

なかなか味わえない経験なので、良ければ1・2号車に乗車して下さい。

子供受けも良かったです。



保津川を下に見ると、
川下りをする舟が何艘も通り過ぎます。

舟が通る度に手を振れば、必ず手を振り返してくれます。


トロッコ亀岡駅近くには線路を挟んで両サイドに桜の木があり、
そこを列車はゆっくり進みます。



余談ですが、
観光シーズンでも朝一番の列車なら、私が見た限り空いていました。




画像

               (2009年4月7日撮影)




終点トロッコ亀岡駅で降りると、
目の前に菜の花畑が広がっていました。




<Data>
・嵯峨野トロッコ列車
乗車料金:大人 600円 (全席指定)
        小人 300円

運行区間:トロッコ嵯峨駅~トロッコ亀岡駅

交 通:JR嵯峨嵐山駅下車、徒歩2分⇒トロッコ嵯峨駅
      JR馬堀駅下車、徒歩10分⇒トロッコ亀岡駅

駐車料金:1,500円 (嵯峨野トロッコ専用駐車場 )
          500円 (トロッコ亀岡駐車場)

夜 桜:無し

 ※当日券は、トロッコ嵯峨・嵐山・亀岡の各駅窓口で先着順に販売
   窓ガラスを取り外した超オープン車両は当日券のみ販売














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年04月03日 14:48
嵯峨野トロッコ列車は初めて京都に行った時に乗車しました。

紅葉シーズンでしたので、もちろん満席でしたが、さすがに通路にまで、人はいませんでしたww

私は確か、偶数席だったかな?
初めの景色は山だったから・・・
怜悧
2010年04月04日 12:58
野鉄さん、こんにちは。

通路まで人で埋まっているのは、頂けませんよね。
何のための全席指定なのか分かりません。
一ヶ月前から予約したのに、半分景色が見られないなんて、なんだか損した気分でした。

この記事へのトラックバック