桃太郎伝説の地・・・吉備津神社

今回は岡山県岡山市にある、
『吉備津神社』に行って来ました。


前回紹介した『吉備津彦神社』から、
距離にして一.五キロぐらいの所にあるのがこちらの神社。

吉備津彦神社は備前一宮でしたが、こちらは備中一宮。
昔は、二つの神社の間に国境があったのですね。
ちなみに備後一宮吉備津神社は、広島県福山市にあります。

祭神は大吉備津彦命、
本殿は比翼入母屋造で国宝。




画像


大吉備津彦命が温羅との戦いの際、
射る前に矢を置いたとされる「矢置岩」はこの入口左側にあります。




<北隨神門>
画像


趣のある参道を上がると、すぐに拝殿が姿を現します。
階段と拝殿までの距離が近い為、圧倒されます。




<本殿・拝殿>
画像





<廻廊>
画像





画像


400メートル近くある廻廊。

ドラマやポスター等にもよく使われていますが、
やはり絵になりますね。

ここを、のんびり一人で歩くのがお気に入りです。




<御釜殿>
画像



廻廊の途中にあるお釜殿。
ここで行われる「鳴釜神事」は、
上田秋成の小説「雨月物語」にも登場します。

この「鳴釜神事」は、
大吉備津彦命に祈願したことが叶えられるかどうか、
釜の鳴る音で占うというもので、
釜が爽やかに鳴ると良い知らせ、
鳴らなかったり低調に鳴ったりすると不吉な知らせだそうです。

ちなみに吉凶の判断を神官はしないそうで、
自分での判断ということになるそうです。

なお、この釜の下には、
大吉備津彦命が倒した温羅の首が埋まっているという話です。



こちらの神社も夜間参拝は出来ないそうです。
ん~、やはり寂しい。




<Data>
・吉備津神社
参拝料:無料

参拝時間:5時~18時

駐車料金:無料















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2010年11月06日 00:17
怜悧さん、こんばんは^^

拝殿も立派ですが、回廊も圧巻ですね!
このような場所をゆっくり歩いてみたいです^^
怜悧
2010年11月06日 09:28
taka_c230さん、おはようございます。

本殿・拝殿は京都の八坂神社につぐ大きさがあり、出雲大社の約2倍以上の広さがあるそうです。立派ですよね。
廻廊は、私の大のお気に入りで、行く度にのんびり歩いています。
ここを歩くと、ゆったり時が流れるのを感じます。落ち着きますよ。
2010年11月14日 18:27
おひさです。
ここの廻廊は確かにりっぱですね。早朝に訪れたことがありますが、長いから、地元の方のジョギングコースにもなっていましたねぇ。御釜殿も厳かな雰囲気でした。
怜悧
2010年11月15日 09:12
きつぽんさん、おはようございます。

この廻廊ジョギングコースになっているのですか
知りませんでした。
随分昔に訪れた時は、早朝で誰も居らず、厳かな雰囲気が漂っていましたが、時代は変わりましたね・・・

この記事へのトラックバック