いざ、鬼退治へ・・・鬼ノ城

今回は岡山県総社市にある、
『鬼ノ城』に行って来ました。


昔話「桃太郎」で、温羅の住処とされる『鬼ノ城』。

小高い山の上にあり、
天気が良ければ麓からでもその姿を見る事が出来ます。

『いざ、鬼退治へ!!』と言いたいところですが、
実はこの城、白村江の戦いで倭国が敗れた後、
唐・新羅の侵攻に備え築城したと考えられている古代の山城です。

神籠石系山城で、
この形式の物は主に西日本各地で見る事が出来ます。


『サンロード吉備路』で、観光地図を入手し、
小母さんが丁寧に道順を教えてくれたので、
調子よく鬼ノ城を目指したのですが・・・

はっきり言います。

道が極度に狭いです!!!

まず離合は出来ません!!!
気を付けて下さい。
おまけに急坂です。


『えらいとこに来てしまった・・・』と嘆きました。



ちょっとどきどきした道を進むと、
鬼城山ビジターセンターに到着します。

ビジターセンターでは、
鬼ノ城についての詳しい解説があるので、
ここで勉強して山頂へ進みましょう。

鬼城山の山頂へは、ここから徒歩約400メートルです。


山頂への道は二つあります。
ジグザグを繰り返し、緩やかに山頂へ向かう方法。
急坂を登り、一気に山頂へ向かう方法。
どちらを選ぶかは貴方次第です。




<全景>
画像


展望台よりの眺め。

山の頂にある山城はなかなか見応えあり。


城壁は、一段一列に並べて置いた列石の上に、
土を少しずつ入れて突き固めた版築土塁という構造。
写真は少し遠いいですが、分かりますか?




<西門>
画像


平成八年に見つかった城門跡を復元したもの。
上に登れるのかと期待したのですが、出来ませんでした。




<角楼跡>
画像


この角楼の上で、演劇練習している人達がいました。

何故、態々この山の頂きで・・・?




画像


彼方此方に巨石が転がっています。


こんな山の頂ですが、
観光客の数が多いこと、多いこと。
観光客と言うよりは、ハイキングかな?
ビジターセンターの前には、
「総社ふるさと自然のみち総合案内図」なる散策図があり、
鬼ノ城周辺はウォーキングコースになっています。




<Data>
・鬼ノ城
料 金:無料

時 間:自由

駐車料金:無料


・鬼城山ビジターセンター
入館料:無料

営業時間:8時半~17時15分

休 み:月曜日 (祝日の場合翌日)、年末年始














この記事へのコメント

2010年11月26日 14:11
おぅ、鬼退治に出かけたのですね。えらいとこでしたか?実は近くの粟井温泉、あしもり荘で朝湯を頂いたあと、ご主人に勧められたのですが、結局、行かなかったのです。キビ団子を忘れ、お供もいなかったですから…。
怜悧
2010年11月26日 16:40
きつぽんさん、こんにちは。

行って参りました、鬼退治!!
流石、鬼の棲家です。えらいとこでした・・・
鬼は、わたくしめが倒しておきましたので、今度は吉備団子やお供がいなくても大丈夫ですよ。

この記事へのトラックバック