中国曲阜・・・孔府

今回は中国山東省曲阜にある、
『孔府』に行って来ました。


孔府は、『孔廟』の隣りにあり、
歴代の孔子の子孫が住んだ邸宅兼役所で、
西路の客室、東路の孔子の廟、
中路の役所があり、奥が住居、さらに奥に庭となっています。

典型的な封建貴族の荘園造りで、
463も部屋があり広大で華麗な建築物です。


この中は同じような建物が幾つも並び、
ちょっとした迷路のようで面白い。

うっかりしていると、迷子になりそう。




<貪照壁>
画像



役所と住居の間にあり、
門外から住居内部が直視できないように目隠しの為の壁。


ここに描かれている動物は、
麒麟のようでそうでない麒麟、想像上の貪欲な獣だそうです。
全ての宝物を手にしても、まだ太陽を手に入れたいと考えている動物で、
「貪婪之獣」と言われています。

この絵で、府の人に「賄賂で法を曲げてはいけない」と諭しています。




<假山>
画像


太湖石の築山。

太湖石を使用した庭園は、中国各地に見られます。




<孔府地図>
画像





あまり良い写真がなくてすみません。
良い写真は、全て私が写っておりますので・・・

申し訳ない。




<Data>
・孔府
料 金:60元

時 間:8時~17時














この記事へのコメント

2010年12月19日 15:47
「貪婪之獣」の絵は面白いですね。一般論では中国は賄賂に始まり賄賂で終わる国との印象が強いです。絵の向きが逆かもしれません。まぁ、日本もひどいものですが…。いっそ、ビールのラベルを麒麟から張り替えて見るのも良いかも知れませんね^_^;
怜悧
2010年12月20日 16:44
きつぽんさん、こんにちは。

「貪婪之獣」の絵は面白いですよ。ちょっと気に入っているんです。一応左上にある丸いものが太陽です。
日本、中国関係なく、何処の国にも貪欲な人はいますから。誰が見ても戒めの絵になりますね。

この記事へのトラックバック