東洋のマチュピチュ 別子銅山東平・・・その壱

今回は愛媛県新居浜市にある、
『別子銅山東平』に行って来ました。


別子銅山は、
1691年から1970年まで住友が開鉱した銅山です。
その中でも東平地区は、
1916年から1930年まで別子銅山採鉱本部が置かれていた場所で、
閉山後はひっそりとした山中に廃墟と化した街の姿に、
『東洋のマチュピチュ』と称されるようになりました。




<貯鉱庫跡>
画像



道の駅マイントピア別子より車で25分。
離合の出来ない山道をひたすら登って行くと、
いきなり建物が現れます。
ここは元々開鉱時代の学校があった場所で、
今は『銅山の里 自然の家』になっています。
これをもう少し行くと目の前が開け、東平地区に到着です。


観光シーズンで離合できない道を車で行くのは不安でしたが、
観光シーズンは交通整理があるので大丈夫。
ただ、私は交通整理前に行ったので、
観光を終えた車などがひっきりなしに下りて来て、バックしては進みを何度がしました。




<索道停車場跡>
画像





<索道停車場跡>
画像



搬出された鉱石は、選鉱場で鉱石と岩石に選別された後、
鉱石は貯鉱庫に貯められ、順次索道で黒石駅へ下ろされました。




<社宅跡>
画像



今は立ち入り禁止になっています。




<インクライン>
画像



端出場地区から索道で東平地区へと運ばれてきた物資は、
インクラインを通じて荷揚げされていました。
今は220段の階段に生まれ代わっています。

これがかなりきつかった。




<旧保安本部>
画像



今ではマイン工房に変わり、銅版レリーフ等を作ることが出来ます。




<Data>
・別子銅山東平
料 金:無料

時 間:自由

駐車料金:無料
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年11月27日 23:24
こんばんは!

出張では四国探訪しながらも、
なかなか見ることが出来ない光景ですね~
正にマチュピチュ!
行った気になって♪
楽しませて頂きますね(^^♪
怜悧
2012年11月28日 15:15
hideさん、こんにちは。

本当に凄い光景ですよね。
山の奥深くひっそり誰知れず佇んでいる、正にマチュピチュですよね
写真で少しでも楽しんで頂けたら、嬉しいです。

この記事へのトラックバック