祭神は桃太郎・・・吉備津彦神社

今回は岡山県岡山市にある、
『吉備津彦神社』に行って来ました。


備前一宮として有名な『吉備津彦神社』。
又の名を「朝日の宮」、
夏至の日、朝日が神殿の御鏡に入ることからこう呼ばれています。

祭神は大吉備津彦命、本殿は流造り。


岡山といえば昔話「桃太郎」ですが、このお話、
大吉備津彦命と渡来人の温羅との戦いがモデルと言われています。
ということで、
こちらの祭神は桃太郎と言う事になりますね。


今回ここへは車で来たのですが、
吉備SAよりスマートICを使用して約2キロ、とっても近くて便利でした。
SAのインフォメーションの小母さんに道を尋ねたところ、
神社までの道を懇切丁寧に説明してくれ、
おまけに丁寧に書かれた地図までくれました。




<参道>
画像





<狛犬>
画像





画像


こちらの狛犬は備前焼で造られているそうです。

流石、土地柄ですな。




<灯篭>
画像


日本一大きな灯篭。

ちょっと、写真ではそんな風に見えませんが、
笠石は八畳もあるそうです。

実際に間近で見ても、そこまで大きいとは思えません。

境内は広々していて、垣根で囲われている事も無く、
とってもオープンな感じ。
多分その所為かな・・・




<拝殿>
画像





<本殿>
画像





拝殿へと上がる階段の手前に、何やら立派な門扉を発見!!
『以前はこんなもの無かったのに・・・』と、思っていると、
「防犯の為、施錠します」と看板が・・・
どうやら今年の八月より夜間参拝が出来なくなったらしい。

という事は、
ここの神社は、夜間のお百度参りが出来ないんですね。
なんだか、とっても寂しい感じがする。

この事を知人に話したら、
「今時、お百度参りするような信心の持ち主なんていないよ」
と、一蹴されてしまいました。

ん~、寂しい!!


でも皆さん、夜間参拝は、
特別の事や行事が無い限り、避けて下さいね。



余談ですが、
駐車場脇には、ちょっと笑いを誘う桃太郎の像があり、
その横には犬、猿、雉がちゃんと控えてましたよ。




<Data>
・吉備津彦神社
参拝料:無料

参拝時間:5時~20時

駐車料金:無料














"祭神は桃太郎・・・吉備津彦神社" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント