テーマ:

対潮楼・・・福禅寺

今回は広島県福山市にある、 『対潮楼』に行って来ました。 『対潮楼』は、 「海岸山千手院福禅寺」の本堂に隣接する、 江戸時代に創建された客殿で、 「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定されています。 ここからの海の眺めは素晴らしく、 朝鮮通信使は鞆の浦の寄港の際、ここからの眺望を楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西大寺

今回は岡山県岡山市にある、 『西大寺』に行って来ました。 『西大寺』は別名「観音院」と呼ばれ、高野山真言宗のお寺です。 今から約1200年前、 藤原皆足姫が観音菩薩の妙縁を感じて千手観音を安置したのが始まりで、 その後、安隆上人の前に犀角を持った仙人が現れ、 『この角を持って観音大師影向の聖地に御堂を移し給え』と霊告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圓教寺

今回は兵庫県姫路市にある、 『圓教寺』に行って来ました。 圓教寺は西の比叡山とも呼ばれるお寺で、 映画「ラストサムライ」のロケ地として有名になりました。 開山は平安中期、966年。 天台宗のお寺で、西国三十三所二十七番札所でもあります。 書写山ロープウェイ を降り、 ラストサムライで有名になった摩尼殿までは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最御崎寺

今回は高知県室戸市にある、 『最御崎寺』に行って来ました。 室戸岬灯台の駐車場から、灯台へ向かう途中にある寺で、 四国八十八箇所巡り第24番札所。 <山門> 寺名は「ほつみさき」。 ん~、読み難いですね。 807年に唐から帰国した弘法大師が、 嵯峨天皇の勅命を受けて開いたという歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊山寺

今回は徳島県鳴門市にある、 『霊山寺』に行って来ました。 四国八十八箇所巡り一番札所であるこちらは、名付けて「発願寺」。 ここよりお遍路スタートです。 しかし閏年は逆打ちをすると良いと言いますから、 今年は八十八番から回る人もいるかもしれません。 又、逆打ちすると死者に会えると言います。 一番札所とあって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大窪寺

今回は香川県さぬき市にある、 『大窪寺』に行って来ました。 大窪寺は四国遍路を締め括る「結願の寺」、 四国八十八箇所巡り、八十八番札所です。 場所は徳島県の県境に近い矢筈山の東側中腹に位置します。 車で訪れるのはハードかな?・・・と思ったが、 そうでもなく割りにすんなり行けました(四国の道は少々不安・・・)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志度寺

今回は香川県さぬき市にある、 『志度寺』に行って来ました。 志度寺は、 創建は推古天皇の頃とされる古刹で、四国八十八箇所巡り、八十六番札所。 又、能楽「海士」の舞台にもなったお寺です。 <仁王門> 仁王像は運慶作と言われ、門は全国的にも珍しい三棟造りの堂々とした佇まい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋島

今回は香川県高松市にある、 『屋島』に行って来ました。 屋島と言えば源平合戦で有名です。 「平清盛」ブームに乗ってやって来ました。 <血の池> 屋島寺の門前にあるのがこちら「血の池」。 源平合戦の時、源氏が血のついた刀を洗い、 池の水が真っ赤に染まったと言う事からこの名が付きました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白峯寺

今回は香川県坂出市にある、 『白峯寺』に行って来ました。 皆さん「平清盛」は見ていますでしょうか? 視聴率がいまひとつと賑わっておりますが、見ると大変面白いですよ。 中でも崇徳天皇が悪霊と化すシーンはなかなか見応えのあるものでした。 そして、その崇徳天皇の御陵があるのがこちら『白峯寺』です。 <山門>…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

龍天寺

今回はベトナムハロン湾にある、 『龍天寺』に行って来ました。 こちらのお寺、1941年の建立と新しいお寺です。 ハロン湾の意味は、龍の降り立つ地。 その龍が降り立ったのが、この地だとか。 実は、このお寺に訪問する予定は無かったのですが、 ハロン湾クルーズに出掛けようとしたら、海は御覧の通り。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティエンムー寺

今回はベトナムフエ市にある、 『ティエンムー寺』に行って来ました。 1601年創建のお寺です。 天女のお告げでできた寺で、別名『天女の寺』。 八角形の七重塔は「慈悲の塔」と呼ばれ高さが21mあります。 寺の前は船着場になっていて、 フォン川クルーズをした後、ここに立ち寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福建會館

今回はベトナムホイアン市にある、 『福建會館』に行って来ました。 中国は福建省出身者が建てた集会所で、 別名『金山寺』と言います。 ホイアンは貿易都市として栄え、 16~17世紀頃には多くの外国人がこの地に移り住みました。 古い町並みは世界遺産にも登録されています。 いかにも中国っぽ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高塚愛宕地蔵尊

今回は大分県日田市にある、 『高塚愛宕地蔵尊』に行って来ました。 神仏習合の形式をそのまま残している珍しいお寺で、 願い事なら何でも叶えてくれるというお地蔵様がいます。 参拝客がひっきりなしに訪れ、駐車場は常に満車状態。 寺までの道も狭く、 『こんな山中にこんなに参拝客が・・・』と、驚きを隠せないぐらいでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佛通寺・・・其の弐

今回は広島県三原市にある、 『佛通寺』に行って来ました。 前回の続きです。 道を挟んだ山の上にあるのが開山堂です。 こちらの拝観料は、本堂の拝観料に含まれています。 山の麓で、 「お堂までは180段あります」と言われ、少々怖気付き、 「創建当時のお堂があり、重文だ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

佛通寺

今回は広島県三原市にある、 『佛通寺』に行って来ました。 佛通寺は臨済宗のお寺で、 最盛期には山内の塔中88ヵ寺もある大寺院でした。 今は山中にひっそり佇んでいまが、紅葉の時期は観光客で一杯です。 寺までの道は、 車が離合出来ないくらいの狭い道なので気を付けて下さい。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

浮御堂・・・満月寺

今回は滋賀県大津市にある、 『満月寺』に行って来ました。 浮御堂で有名ですが、寺名は『満月寺』。 平安時代、恵心僧都が湖上安全と衆生済度を祈願して建立されました。 国道から街中へ道は入っていくのだが、 路地がかなり狭く、離合できないのでは? と、どきどきです。 訪れる人が余りいないのか、境内はひっそりとし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

湖東三山・・・百済寺

今回は滋賀県東近江市にある、 『百済寺』に行って来ました。 百済寺は湖東三山の一つで、 聖徳太子が建立したと言われています。 読み方は「ひゃくさいじ」、くだらじではありません。 また『西明寺』『金剛輪寺』は、 織田信長の兵火より本堂などは免れたが、 ここ百済寺は全焼し、今ある建物は近世造られた物です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山・・・金剛輪寺

今回は滋賀県愛知郡愛荘町にある、 『金剛輪寺』に行って来ました。 金剛輪寺は湖東三山の一つで、 奈良時代の中頃、聖武天皇の勅願で行基によって開山されました。 織田信長の兵火より本堂は免れ、国宝指定を受けています。 <総門> <参道> 今でも充分見応えある景色なので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湖東三山・・・西明寺

今回は滋賀県犬上郡甲良町にある、 『西明寺』に行って来ました。 西明寺は湖東三山の一つで、創建は平安時代。 仁明天皇の勅願により三修上人が開山したと伝えられます。 又、織田信長の兵火を免れ、 飛騨の匠によって建立された本堂や三重塔や二天門が残されている古刹です。 <蓬莱庭> 江戸時代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

竹生島・・・其の弐

今回は滋賀県長浜市にある、 『宝厳寺』に行って来ました。 竹生島には、『宝厳寺』『都久夫須麻神社』の二つの寺社がありますが、 明治の神仏分離令までは、合わせて宝厳寺と呼ばれていました。 <本堂> 急な階段を上りきると見えてくるのが、宝厳寺の本堂。 本尊は弁才天。 日本三弁才天の一つで、その中…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

渡岸寺・・・向源寺

今回は滋賀県長浜市にある、 『向源寺』に行って来ました。 こちらのお寺、向源寺というより、 渡岸寺の方が広く知られているので、分かりやすいですね。 浄土真宗のお寺で、 昔は七堂伽藍を有したお寺でしたが、浅井・織田の戦いにより寺は消失。 その時、本尊の十一面観音は土中に埋められ、難を逃れました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

相良一族菩提寺・・・願成寺

今回は熊本県人吉市にある、 『願成寺』に行って来ました。 『願成寺』は真言宗のお寺で、 700年にわたり人吉一帯を治めた相良家の菩提寺でもあります。 本尊は阿弥陀如来座像。 <本堂> 本堂は自由拝観となっているので、 勝手に上がってお参りします。 出てくると、人のよさそうな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幽霊寺・・・永国寺

今回は熊本県人吉市にある、 『永国寺』に行って来ました。 『永国寺』は、曹洞宗のお寺で別名「幽霊寺」。 別名の由来は、このお寺に幽霊掛軸があるから。 今回の人吉への旅の目的は、 この掛軸を見るためなんです。 <山門> 謂れは皆さんよくご存知だと思いますが・・・ ある士が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国泰安・・・碧霞祠

今回は中国山東省泰安市にある、 『碧霞祠』に行って来ました。 碧霞祠は泰山の頂上、 南天門から歩いて十五分の所にあります。 泰山では最大の古代建築群で、 宋代の初めに建てられたというから、軽く千年も昔となる建物。 祀られているのは、碧霞元君。 彼女は、泰山の神、東岳大帝の娘です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国泰安・・・岱廟

今回は中国山東省泰安市にある、 『岱廟』に行って来ました。 『岱廟』は泰山の麓にある寺院で、 歴代の皇帝が「封禅の儀」を執り行ったところです。 広い敷地には、中国の伝統的建築物が建ち並び、 本殿の天貺殿には、泰山の神を祀っており、「東岳神府」とも呼ばれています。 <配天門> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国曲阜・・・顔廟

今回は中国山東省曲阜にある、 『顔廟』に行って来ました。 顔廟は、孔子の弟子の顔回を祀る寺院です。 顔回は、孔子の第一弟子で、 次の後継者として見なされていた人物ですが、早くに亡くなりました。 それを聞いた孔子は激しく落胆し、 「ああ、天われをほろぼせり」と慨嘆したと言います。 <顔回像…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国曲阜・・・孔廟

今回は中国山東省曲阜にある、 『孔廟』に行って来ました。 孔廟は、孔子を祀った寺院です。 又、歴代の孔子の祭祀行事を行う場所でもありました。 建物は、分かりやすく云えば紫禁城の小型版。 三つの大きな主殿が、南北の中軸線上に配置され、 付属の建築物は左右を対称的に分布しています。 また、建物の屋根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉備真備生誕の地・・・まきび公園

今回は岡山県倉敷市にある、 『まきび公園』に行って来ました。 言わずと知れた有名人の吉備真備公。 特に今年は、 「平城遷都1300年」に関連し、 この名をよく耳にしたと思います。 この公園は、昭和61年に、 中国西安市に吉備真備公の記念碑が建立されたのを記念し、 出身地である倉敷市真備町に開園したそう…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

涙で描いた鼠・・・宝福寺

今回は岡山県総社市にある、 『宝福寺』に行って来ました。 臨済宗東福寺派のお寺で、別名「宝福禅寺」。 こちらのお寺、何が有名かと申しますと、 水墨画で有名な雪舟が幼少時代修行したお寺です。 又、涙でネズミを描いたという逸話を残しています。 <山門> 少し幹線道路より入った所にあり、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吉備路のシンボル・・・備中国分寺

今回は岡山県総社市にある、 『備中国分寺』に行って来ました。 吉備路のシンボル的存在の五重塔を有する国分寺。 田圃の中に聳え立つ五重塔の姿は、 なかなか絵になります。 国分寺の説明はするまでもありませんが、 一応致しますと、 聖武天皇の発願で鎮護国家の為、 全国に建立された官寺の一つです。 現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more