テーマ:見る

旧松喜醤油屋

今回は福岡県飯塚市勢田730にある、 『旧松喜醤油屋』に行って来ました。 旧松喜醤油屋は、江戸時代から商いをしていた許斐家が、 幕末から明治初期に建てた家屋です。 明治13年から醤油醸造を始め、 昭和48年に後継者がなく途絶えました。 今は飯塚市が管理しています。 醸造蔵などがあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつきのみや歴史体験館

今回は三重県多気郡明和町にある、 『いつきのみや歴史体験館』に行って来ました。 斎宮が最も栄えた平安時代の歴史や文化を体験出来る施設です。 建物は平安時代の貴族の屋敷「寝殿造」をモデルにしており、 当時の建築技術を活かし、部材の組み立てに釘を使用していません。 以前より一度訪れてみたかった所なので、やっと念願叶いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日御碕神社

今回は島根県出雲市にある、 『日御碕神社』に行って来ました。 神社は下の宮「日沈宮」と上の宮「神の宮」という上下二社からなり、 両本社を総称して『日御碕神社』と呼びます。 権現造の朱い社殿は国重で、 日御碕灯台へと向かう途中、山間から見える景観はなんとも荘厳です。 <下宮> 楼門からまっすぐ正面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞆の浦

今回は広島県福山市にある、 『鞆の浦』に行って来ました。 『鞆の浦』は、古代より潮待ちの港として知られ、 国の名勝及び国立公園に指定され、 近年では映画「崖の上のポニョ」の舞台にもなった場所です。 <雁木> 雁木は、船着場における階段状の構造物で、 岸壁と違い潮の干満による水面の上下に係わらず昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対潮楼・・・福禅寺

今回は広島県福山市にある、 『対潮楼』に行って来ました。 『対潮楼』は、 「海岸山千手院福禅寺」の本堂に隣接する、 江戸時代に創建された客殿で、 「朝鮮通信使遺跡鞆福禅寺境内」として国の史跡に指定されています。 ここからの海の眺めは素晴らしく、 朝鮮通信使は鞆の浦の寄港の際、ここからの眺望を楽し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まきび記念館

今回は岡山県倉敷市にある、 『まきび記念館』に行って来ました。 『まきび記念館』は、 吉備真備の功績を称え、資料や写真等が展示されていて、 真備公の人物像や歴史を学ぶことができます。 『まきび公園』の隣にあり、 昭和63年11月3日に開館した記念館です。 前回訪れた時には、 連休の真っ只中にも関わらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横溝正史疎開宅

今回は岡山県倉敷市にある、 『横溝正史疎開宅』に行ってきました。 『真備ふるさと歴史館』から車で5分くらいの所にあるのが、 こちらの『横溝正史疎開宅』です。 歴史館からの道程は道も狭く、分かり辛い道案内に、 私は少々迷ってしまいました。 昭和20年4月から約3年半、 横溝正史が疎開して、家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真備ふるさと歴史館

岡山県倉敷市真備町にある、 『真備ふるさと歴史館』に行って来ました。 この歴史館には、 真備所縁の推理作家横溝正史氏の遺品の数々が展示されています。 <金田一耕助像> こちらの像は、本に出て来る金田一を元に造られています。 トランクではなく、ステッキを持ってるんですね。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

犬養木堂記念館

今回は岡山県岡山市にある、 『犬養木堂記念館』に行って来ました。 犬養木堂とは、 憲政の神様と称され、5・15事件で凶弾に倒れた第29代内閣総理大臣犬養毅のことです。 彼は岡山県の出身で、今も生家が記念館として当地にあります。 <犬養木堂生家> 犬養家は代々この地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広兼邸

今回は岡山県高梁市にある、 『広兼邸』に行って来ました。 数ある金田一耕介シリーズで、 ちょっぴり異色の渥美清が演じた金田一があります。 石坂や古谷の印象が強く覚えてる人がいるかどうか心配ですが・・・ 渥美清が演じる映画「八つ墓村」を子供の頃見て、怖かったのを覚えています。 中でも、 市原悦子と山口仁奈子が演じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹屋ふるさと村

今回は岡山県高梁市にある、 『吹屋ふるさと村』に行って来ました。 赤銅色の石州瓦と弁柄色の外観で統一された、 見事な町並みが今も残る『吹屋ふるさと村』。 国の重要伝統的建造物群保存地区にも認定されているこの地区は、 元は銅山の町として発展しましたが、後に弁柄の生産で繁栄しました。 <吹屋小学校> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因島水軍城

今回は広島県尾道市因島にある、 『因島水軍城』に行って来ました。 こちらの城は、昭和58年に築城された観光用の城で、 歴史家奈良本辰也氏の監修により再現されました。 内部には、南北朝時代から室町・戦国時代にかけて活躍した、 村上水軍の歴史・資料が展示されています。 <城門> 城は小高い山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今治城

今回は愛媛県今治市にある、 『今治城』に行って来ました。 今治城は、 関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国を領した藤堂高虎が築いた平城です。 別名吹揚城。 堀に海水を引き入れた特異な構造で、 当時は海から堀へ直接船で入る事が出来たそうです。 こちらが海水の引き入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タオル美術館ICHIHIRO・いまばりタオルブティック

今回は愛媛県今治市にある、 『タオル美術館ICHIHIRO』『いまばりタオルブティック 』に行って来ました。 タオル美術館は、 タオルとアートを融合したタオルのミュージアム。 製造工程が見学出来、タオルを買う事も出来ます。 又、カフェやレストランも併設されています。 私が訪れたのは連休のど真ん中。 お陰で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石鎚神社

今回は愛媛県西条市にある、 『石鎚神社』に行って来ました。 石鎚神社は、石鎚山を神体山とする神社で、 山頂に頂上社、中腹に成就社と土小屋遥拝殿、 そして麓にある本社と、四社をあわせて石鎚神社と言います。 今回は本社に行って来ました。 本社は国道から少し入った所にあります。 <参道> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋のマチュピチュ 別子銅山東平・・・その弐

今回は愛媛県新居浜にある、 『別子銅山東平』に行って来ました。 前回の続きです。 この写真は、昭和40年頃の東平です。 前回は駐車場の周りを紹介しましたが、 今回はここより歩いて1Km先にある、『第三通洞』坑道入口まで行きます。 途中、社宅跡など見ることが出来ます。 <第…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東洋のマチュピチュ 別子銅山東平・・・その壱

今回は愛媛県新居浜市にある、 『別子銅山東平』に行って来ました。 別子銅山は、 1691年から1970年まで住友が開鉱した銅山です。 その中でも東平地区は、 1916年から1930年まで別子銅山採鉱本部が置かれていた場所で、 閉山後はひっそりとした山中に廃墟と化した街の姿に、 『東洋のマチュピチュ』と称されるように…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

大歩危小歩危

今回は徳島県三好市にある、 『大歩危小歩危』に行って来ました。 大歩危小歩危は、 2億年もの時を掛け、吉野川の激流に結晶片岩が削られて出来た渓谷です。 名前の由来は、 「大股で歩くと危ない」という意味で「大歩危」、 「小股で歩いても危ない」という意味で「小歩危」だそうです。 鯉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祖谷のかずら橋

今回は徳島県三好市にある、 『祖谷のかずら橋』に行って来ました。 祖谷のかずら橋は、 自生の「シラクチカズラ」を編み連ねた吊橋で、日本三奇橋の一つです。 平家落人伝説で有名な祖谷にあり、 葛で編んであるのは、追っ手が来た時にすぐに切り落とせるかららしい。 長さ45m、幅2m、水面上14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野良時計

今回は高知県安芸市にある、 『野良時計』に行って来ました。 野良時計は、 人々が時計を持てない時代、 農作業する人々に時を告げて来ました。 今では安芸市の代表的な観光名所です。 <野良時計> 明治20年頃、この地の地主だった畠中源馬氏が、 父に買ってもらったアメリカ製の八角時計を分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最御崎寺

今回は高知県室戸市にある、 『最御崎寺』に行って来ました。 室戸岬灯台の駐車場から、灯台へ向かう途中にある寺で、 四国八十八箇所巡り第24番札所。 <山門> 寺名は「ほつみさき」。 ん~、読み難いですね。 807年に唐から帰国した弘法大師が、 嵯峨天皇の勅命を受けて開いたという歴史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室戸岬灯台

今回は高知県室戸市にある、 『室戸岬灯台』に行って来ました。 室戸岬灯台は、 日本に6箇所しかない直径2.6mの第一等フレネル式レンズを備えた第1等灯台です。 室戸スカイラインを通り行きます。 駐車場から灯台までは歩いて7~8分、かなり歩きます。 <室戸岬灯台> そんなに大きそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室戸岬・・・其の弐

今回は高知県室戸市にある、 『室戸岬』に行って来ました。 前回の続きです。 室戸岬の突端へまだまだ辿り着いていません。 ここから、遊歩道を通って先まで行くのも良いですが、 私は車で移動しました。 <灌頂ヶ浜> 空海が灌頂の儀式を行った場所とされています。 灌頂とは、密教で行う、頭頂に水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

室戸岬・・・其の壱

今回は高知県室戸市にある、 『室戸岬』に行って来ました。 室戸岬は、 フィリピン海プレートの沈み込みに沿って起こる地震によって出来た、 奇岩奇石を見ることが出来ます。 世界ジオパークに認定され、昭和3年に国の名勝に指定されました。 <ビシャコ巌> <ビシャコ巌> こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

御厨人窟

今回は高知県室戸市にある、 『御厨人窟』に行って来ました。 今から約1200年前、弘法大師が難行苦行を重ね、 三教指帰の悟りを開かれたと伝えられる由緒ある海食洞です。 <御厨人窟> 当時青年であった弘法大師が、 この洞窟に居住したと伝えられています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

渦の道

今回は徳島県鳴門市にある、 『渦の道』に行って来ました。 渦の道は、 鳴門海峡に架かる大鳴門橋の橋桁下部に設置された、 延長約450Mの遊歩道および展望台です。 <大鳴門橋> <大鳴門橋> 車が凄い勢いで走って行きます。 おまけに風も強く、飛ばされそう。 ちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道の駅 第九の里・ドイツ館

今回は徳島県鳴門市にある、 『道の駅 第九の里』『ドイツ館』に行って来ました。 ドイツ村公園の一画に造られた道の駅で、 周辺は板東俘虜収容所の跡地です。 <ドイツ館> 第一次世界大戦時、 板東俘虜収容所で生活したドイツ兵と地元の人々との交流を、 後世に伝えるため建てられた記念館です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿波の土柱

今回は徳島県阿波市にある、 『阿波の土柱』に行って来ました。 阿波の土柱は、 砂礫層が雨などによる侵蝕によって土の柱が出来た地形で、 昭和9年に国の天然記念物に指定されています。 又、アメリカのロッキー山脈とイタリアのチロル、 そして阿波市にしかない貴重なもので、世界三大奇勝と称されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇町 うだつの町並み

今回は徳島県美馬市にある、 『脇町 うだつの町並み』に行って来ました。 脇町は江戸時代から明治時代にかけて藍商の町として繁栄していました。 その町並みは今も残り、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。 日本の道百選に選ばれています。 「うだつが上がらない」のう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッチャン村

今回はベトナムにある、 『バッチャン村』に行って来ました。 ハノイ市街から約10キロ行った所にあるバッチャン村は、 陶磁器で有名な村です。 ここで造られる陶磁器は、 バッチャン焼きとして日本人にも有名です。 村のあちこちに工房があり、見学する事が出来ます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more