テーマ:世界遺産

アルベロベッロ

今回はイタリア南部にある、 『アルベロベッロ』に行って来ました。 円錐形の石積みの屋根が有名なアルベロベッロ。 トゥルッリと呼ばれる住居は世界遺産にも登録されています。 イタリアは二回目ですが、アルベロベッロは初めて。 遠い。それにしても遠い。ローマから遠すぎます。 バス移動は殆ど寝てました。(笑) で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姫路城

今回は兵庫県姫路市にある、 『姫路城』に行って来ました。 国宝、そして世界遺産でもある姫路城ですが、 只今、平成の大修理の真っ最中! こんな時期だからこそ見られる天守閣の大屋根、 それを聞いては行かない訳には行きません。 ということで、やって参りました。 <姫路城> 姫路城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロン湾クルーズ

今回はベトナムにある、 『ハロン湾クルーズ』に行って来ました。 ベトナム世界遺産の一つハロン湾、 海の中から突き出した奇岩を眺めながらのクルーズは、ベトナム最大の観光地です。 濃霧で欠航となっていたハロン湾クルーズですが、 お昼になり何とか出港の許可が出ました。 お陰で、 港はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阮朝王宮

今回はベトナムフエ市にある、 『阮朝王宮』に行って来ました。 1945年に滅亡したベトナム最後の王朝、阮朝。 その王宮は古都フエにあり、世界遺産にも登録されています。 <大砲> 1801年に丸一年掛けて造られた大砲。 なにやら、霊力が込められていて王宮を守っているらしい。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミーソン遺跡 其の弐

今回はベトナムにある、 『ミーソン遺跡』に行って来ました。 前回の続きです。 舞踏ショーが行われた小屋より歩いて15分、 突如目の前が開けたと思えば遺跡が広がります。 ミーソン遺跡は、 フランス統治下の1898年にフランス人が発見しました。 発見当時は約70棟もの建築物があったそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミーソン遺跡 其の壱

今回はベトナムにある、 『ミーソン遺跡』に行って来ました。 ミーソン遺跡は、チャンパ王国の聖地だった場所で、 1999年に世界遺産に登録されました。 山々に囲まれひっそりとその身を沈めた遺跡は、 ホイアンから40キロ離れた所にあります。 チャンパ王国は6~13世紀にベトナム南部栄えた王国で、 高度な技術力を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フーンフンの家

今回はベトナムホイアン市にある、 『フーンフンの家』に行って来ました。 日本で言う、国宝に当たる建築物で、 200年前に建てられた貿易商人の家です。 現在も子孫が住んでおり、 その人が案内してくれます。 家人曰く、 「国宝に当たる建物なので、壊す事も出来ず、  維持費も掛かる為、公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来遠橋

今回はベトナムホイアン市にある、 『来遠橋』に行って来ました。 1593年に、 日本人によって架けられたと伝わる屋根付き橋、別名「日本橋」。 ホイアンと日本の交流の歴史を感じさせる、ホイアン観光のハイライトです。 朱印船貿易が盛んだった時代、 ホイアンには日本人町が形成されました。 その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

海のシルクロード博物館

今回はベトナムホイアン市にある、 『海のシルクロード博物館』に行って来ました。 古民家を利用した陶磁器の博物館で、 別名「貿易陶磁博物館」。 周辺で発掘された陶磁器、 沈没船から引き上げた遺物などが展示されています。 貿易都市ホイアンを中継地に、 海のシルクロードを通って運ばれた東洋…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福建會館

今回はベトナムホイアン市にある、 『福建會館』に行って来ました。 中国は福建省出身者が建てた集会所で、 別名『金山寺』と言います。 ホイアンは貿易都市として栄え、 16~17世紀頃には多くの外国人がこの地に移り住みました。 古い町並みは世界遺産にも登録されています。 いかにも中国っぽ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国泰安・・・泰山

今回は中国山東省泰安市にある、 『泰山』に行って来ました。 泰山は、道教の聖地である五岳の一つで、 五岳独尊とも言われ、五岳でもっとも尊いとされている山です。 泰山の神、東岳大帝は、 又の名を泰山府君と言います。 泰山府君は陰陽道での主祭神で、 死後の世界、生死に関わる冥界の神。 昔は、 泰山の頂き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国泰安・・・碧霞祠

今回は中国山東省泰安市にある、 『碧霞祠』に行って来ました。 碧霞祠は泰山の頂上、 南天門から歩いて十五分の所にあります。 泰山では最大の古代建築群で、 宋代の初めに建てられたというから、軽く千年も昔となる建物。 祀られているのは、碧霞元君。 彼女は、泰山の神、東岳大帝の娘です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泰山へ

今回は中国泰安市にある、 『泰山』に行って来ました。 今回の旅の一番の目的です。 そして勿論、朝の御来光を山頂から見るのが狙いです。 ガイドブックによると、 御来光を見るには、夜中に麓を出発し、 てくてく歩いて六時間で山頂へ到着するらしいのだが・・・ そんなの、絶対無理!! という事で、一気にロー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国曲阜・・・孔林

今回は中国山東省曲阜にある、 『孔林』に行って来ました。 孔林は、孔子とその子孫の墓園で、 広大な森林地帯に孔家一族の墓が点在しています。 園内は歩いて1時間半も掛かり、 一族の墓園としては最大の広さをしています。 普通は「孔廟」「孔府」などを見学後、 タクシーなどで行くのだろうが、私たちは歩く事に。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国曲阜・・・孔府

今回は中国山東省曲阜にある、 『孔府』に行って来ました。 孔府は、『孔廟』の隣りにあり、 歴代の孔子の子孫が住んだ邸宅兼役所で、 西路の客室、東路の孔子の廟、 中路の役所があり、奥が住居、さらに奥に庭となっています。 典型的な封建貴族の荘園造りで、 463も部屋があり広大で華麗な建築物です。 この中は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国曲阜・・・孔廟

今回は中国山東省曲阜にある、 『孔廟』に行って来ました。 孔廟は、孔子を祀った寺院です。 又、歴代の孔子の祭祀行事を行う場所でもありました。 建物は、分かりやすく云えば紫禁城の小型版。 三つの大きな主殿が、南北の中軸線上に配置され、 付属の建築物は左右を対称的に分布しています。 また、建物の屋根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光山輪王寺大猷院

今回は栃木県日光市にある、 『日光山 輪王寺大猷院』に行って来ました。 大猷院は、徳川三代将軍家光公の廟所で、 家康公の廟所(東照宮)より華美な物にはなってはいけない、 という家光公の遺命によって、控え目に造られたそうですが、 なかなか派手ですな。 <烏摩勒伽> 夜叉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光二荒山神社

今回は栃木県日光市にある、 『日光 二荒山神社』に行って来ました。 二荒山神社は、 日光三山(男体山、女峯山、太郎山)を御神体とする神社で、 祭神は大己貴命、田心姫命、味耜高彦根命の親子三神。 拝殿は単層入母屋造。 東照宮から続く杉並木を通ると、境内へ辿り着きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日光東照宮

今回は栃木県日光市にある、 『日光東照宮』に行って来ました。 日光東照宮は、 徳川家康公を祭神とする神社で、正式名称は『東照宮』。 本殿は権現造となっています。 <三神庫> 「想像の象」の、あの目はどうにかならないですかね。 笑いが出てしまいます。 <陽明門> 写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶州・・・仏国寺

今回は韓国慶州にある、 『仏国寺』に行って来ました。 ここへは随分前に訪れたことがあって、 今回で二度目の訪問です。 仏国寺は紅葉も綺麗で有名です。 紅葉が見られるかなと期待していたのですが、 薄ら黄色に色付いていただけでまだまだでした。 以前訪れた時は、 青や赤の彩り豊な寺に驚いたのですが、 時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶州・・・石窟庵

今回は韓国慶州にある、 『石窟庵』に行って来ました。 今回の韓国旅行で、最も楽しみにしていた訪問地です。 石窟庵は山の上にある為、 バスで揺られ揺られして辿り着きます。 バス駐車場からも長い道のりを歩きます。 現地ガイドさんの足の速いこと、 追いかける私は日頃の運動不足がたたり酷い目に。 辿り着く頃には息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青丹よし・・・平城宮跡

今回は奈良県奈良市にある、 『平城宮跡』に行ってきました。 『青丹よし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり』 と詠われた平城の都は、 来年の遷都1300年に向け大忙しです。 平城宮跡へは車で行くがお薦め。 レンタサイクルでも良いが、 バスと徒歩はかなりきついと思います。 ボランティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more