テーマ:つぶやき

志度寺

今回は香川県さぬき市にある、 『志度寺』に行って来ました。 志度寺は、 創建は推古天皇の頃とされる古刹で、四国八十八箇所巡り、八十六番札所。 又、能楽「海士」の舞台にもなったお寺です。 <仁王門> 仁王像は運慶作と言われ、門は全国的にも珍しい三棟造りの堂々とした佇まい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋島

今回は香川県高松市にある、 『屋島』に行って来ました。 屋島と言えば源平合戦で有名です。 「平清盛」ブームに乗ってやって来ました。 <血の池> 屋島寺の門前にあるのがこちら「血の池」。 源平合戦の時、源氏が血のついた刀を洗い、 池の水が真っ赤に染まったと言う事からこの名が付きました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白峯寺

今回は香川県坂出市にある、 『白峯寺』に行って来ました。 皆さん「平清盛」は見ていますでしょうか? 視聴率がいまひとつと賑わっておりますが、見ると大変面白いですよ。 中でも崇徳天皇が悪霊と化すシーンはなかなか見応えのあるものでした。 そして、その崇徳天皇の御陵があるのがこちら『白峯寺』です。 <山門>…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベトナム料理

今回はベトナム料理を紹介致します。 ベトナム料理を色々食べてきました。 どれも日本人の口に合うものばかり。 有名なのは米粉で作った麺「フォー」、 朝は必ずこれを食べました。 お米もあります。 唯、こちらは三期作で作る為、 米粒が小さくあまり美味しくありません。 ベトナム風お好み焼き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フォン川クルーズ

今回はベトナムフエ市で、 『フォン川クルーズ』をして来ました。 ベトナムの古都フエを流れるフォン川、 観光船に乗り約20分の船旅です。 こちらのクルーズ船に乗り込みます。 船旅と言うほどのものではありません、 水上生活者の住居での川下りです。 なので、舟にはガスコンロなども付いてますよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナン

今回はベトナムダナン市に、行って来ました。 「ここはハワイ?」 「いえいえ、ベトナムでございます。」 ベトナムのダナン市には30キロの海岸があり、 数多くの美しい浜辺があって、有名です。 ビーチの側には、高級リゾートホテルが建ち並びます。 し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水上人形劇

今回はベトナムホーチミン市にある、 『水上人形劇』に行って来ました。 本場はハノイの伝統芸能ですが、ホーチミンでも見ることが出来ます。 ただ、規模が小さいのが残念ですが・・・ ここはすぐ隣に統一会堂があり、 近くにはサイゴン大教会や中央郵便局などがあり、 ホーチミンの観光スポットが密集して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中央郵便局

今回はベトナムホーチミン市ある、 『中央郵便局』に行って来ました。 サイゴン大教会の隣にある建物で、 フランス統治時代に建てられました。 なんだか駅みたいですが、郵便局です。 内部もアーチ型の天井で高く、 ヨーロッパに居るみたいです。 写真中央に見える肖像画は、ホーチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

統一会堂

今回はベトナムホーチミン市にある、 『統一会堂』に行って来ました。 旧南ベトナム大統領官邸で、 1976年にベトナム社会主義共和国が成立した後に「統一会堂」と改名された建物です。 1975年4月、解放軍の戦車がフェンスを突破、 この大統領官邸に無血入城を果たして、 長かったベトナム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

答え

と言う事で、前回の答え発表です。 民族衣装を着た人形、そしてアオザイ、ノンラー・・・ 行って来ました、ベトナムへ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

取り急ぎ

随分更新に時間が掛かってしまいましたが、 休みを戴いてこちらへ行って参りました。 分かりますか? 詳細は次回より・・・
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

別府地獄めぐり 龍巻地獄

今回は大分県別府市にある、 『龍巻地獄』に行って来ました。 龍巻地獄は、『血の池地獄』の隣にあります。 こちらの地獄は、所謂間欠泉の地獄で、 150度の温泉が、30分間隔で噴出されます。 こちらも『血の池地獄』と同様に、 平成21年に国の名勝指定を受けています。 温泉が噴出される…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

別府地獄めぐり 血の池地獄

今回は大分県別府市にある、 『血の池地獄』に行って来ました。 ここからは「白池地獄」より、車で5分移動します。 ここには二つの地獄があります。 先ずは、『血の池地獄』から見学です。 名前の由来は、その名の通り池の色が血のように赤いから。 これは、地下の高温、高圧下で、自然に化学反応を起こし、 生じた酸化鉄、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

別府地獄めぐり 白池地獄

今回は大分県別府市にある、 『白池地獄』に行って来ました。 こちらの地獄は、『鬼山地獄』の斜め前にあります。 『白池地獄』は、 平成21年に国の指定名勝になった地獄で、 温泉の色が白い事から名付けられました。 白池と言われても、なんだか青にも見えて、海地獄と間違えそうです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

別府地獄めぐり 鬼山地獄

今回は大分県別府市にある、 『鬼山地獄』に行って来ました。 鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれていて、 大正12年に日本で初めて温泉熱を利用し、ワニ飼育を開始した地獄です。 鬼山地獄は『竃地獄』の隣にあります。 展示室には、大きな鰐の剥製が展示してあります。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

別府地獄めぐり 竃地獄

今回は大分県別府市にある、 『竃地獄』に行って来ました。 『別府地獄めぐり』の続きです。 竃地獄へは、 『海地獄』『鬼石坊主地獄』『山地獄』から少し離れているところにあります。 歩いても行ける距離ですが、 後行程を考えるとここは車で移動します。 氏神の竈門八幡宮の大祭に、地獄の噴気で御供飯を炊いていたこ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

別府地獄めぐり 山地獄

今回は大分県別府市にある、 『山地獄』に行って来ました。 前回同様、『別府地獄めぐり』の続きです。 『山地獄』は『海地獄』の隣にあります。 名前の由来は、 岩山の至る所から噴気が上がっているのでこの名前が付きました。 泉質はナトリウム塩化物泉 、温度は約90度 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

別府地獄めぐり 鬼石坊主地獄

今回は大分県別府市にある、 『鬼石坊主地獄』に行って来ました。 別府の観光名所、『地獄めぐり』の続きです。 こちらの坊主地獄は、 前回紹介した『海地獄』の隣にあります。 ここは一度閉鎖されていたものが復活した地獄で、 平成14年にリニューアルオープンしました。 灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

別府地獄めぐり 海地獄

今回は大分県別府市にある、 『海地獄』に行って来ました。 別府の観光コースといえば『別府地獄めぐり』。 市内に点在する自然湧出の源泉を巡るコースです。 別府の地獄めぐりをしたのは子供の頃以来、久々。 先ずは最大の地獄『海地獄』から訪れました。 海地獄は今から約1200年前鶴見岳の爆発により…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

九重夢大吊橋

今回は大分県玖珠郡九重町にある、 『九重夢大吊橋』に行って来ました。 九重夢大吊橋は、 長さ390メートル、高さ173メートル、往復に約13分も掛かり、 又、大人1800人が乗っても大丈夫な設計になっているそうで、 なかなか雄大で豪快な吊橋です。 <中村エリア> <中村エリア> …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

慈恩の滝

今回は大分県日田市にある、 『慈恩の滝』に行って来ました。 国道210号線の側にあるこちらの滝、 上段20メートル、下段10メートル合わせて約30メートルの落差があります。 水量も豊富でなかなかの見応え、 また、滝の裏側へ向かうこともできる別名「裏見の滝」です。 滝の側にあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

事始め

明けまして   おめでとう     ございます 本年も宜しくお願い致します
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

事納め

今年も早いもので、後二日となりました。 今年一年、 私の拙いブログにお付き合い下さいまして、有難うございました。 よければ、 来年も覗いて頂けると嬉しいです。 それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

湯免ふれあいセンター

今回は山口県長門市にある、 『湯免ふれあいセンター』に行って来ました。 長門から萩に向かうちょうど中間辺り、 山間にぽつりと現れるこちらの温泉街、湯免温泉。 浴場も脱衣所も広く、ゆったりしています。 余り、お肌つるつる等温泉の効能を感じ取れませんが、 ラジウムの含有量が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金子みすゞのふるさと・・・仙崎 其の弐

今回は山口県長門市にある、 『金子みすゞのふるさと仙崎』に行って来ました。 前回の続きです。 金子みすゞは、ここ山口県長門市仙崎で生まれ、 26歳の若さで亡くなりました。 亡くなった後、その名は長い間忘れ去られ、 再び脚光を浴びたのは1984年の事、 今では国語の教科書にも掲載される程になりました。 私の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金子みすゞのふるさと・・・仙崎 其の壱

今回は山口県長門市にある、 『金子みすゞのふるさと』に行って来ました。 金子みすゞは明治36年に、 ここ山口県長門市仙崎で生まれました。 <みすゞ通り> 20歳の頃までここで暮らし、その後下関へと移ります。 詩を書き始めたのは20歳の頃。 『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金子みすゞ記念館

今回は山口県長門市にある、 『金子みすゞ記念館』に行って来ました。 金子みすゞの生家の隣に、 『金子みすゞ記念館』があります。 館内には、26歳で生涯を閉じた金子みすゞの、 遺稿集や着物などの遺品を展示した常設展示室、 パソコンによる資料の検索室、 みすゞの詩の世界を音と光で体感できるみすゞギャラリーなどがあり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金子みすゞの生家・・・金子文英堂

今回は山口県長門市にある、 『金子文英堂』に行って来ました。 今年の春は、 宮澤章二の「行為の意味」、 金子みすゞの「こだまでしょうか」の詩をよく耳にしましたが。 こちら『金子文英堂』は、金子みすゞの生家になります。 みすゞ生誕100年に当たる平成15年4月、 幼少期を過ごした生家跡に、金子…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

竹生島クルーズ

今回は滋賀県長浜市にある、 『竹生島クルーズ』に行って来ました。 琵琶湖に浮かぶ島、竹生島へは、 幾つかあるクルーズ船で行くことが出来ます。 今回選んだ方法は、 長浜港から竹生島の往復コースです。 <長浜港観光船乗り場> 祝日だったこともあり、駐車場は満車。 乗船できるのかと心配で…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

野神様

今回は滋賀県長浜市高月町にある、 『野神様』に行って来ました。 渡岸寺の駐車場からお寺へと向かっていると、 立派な水門を発見。 『凄いな~』と感心していると、 その隣にこれまた立派な大木を発見。 『パワーがあるな~』と感心していると、 看板を発見。 それによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more